加圧トレーニングのメリット・デメリット

加圧トレーニングとそのメリットとは?

加圧トレーニングとは、四肢の付け根をゴムやベルトで縛り、血流を滞らせる軽い負荷を与えた上で行うトレーニングの事です。
血流を滞らせた事で、血中酸素が減少し、これを筋肉が大きな負荷がかかっていると勘違いする事により、本来使わない筋肉まで動員したり、成長ホルモンが多く分泌されたりします。これにより、小さな負荷でも大きな負荷を与えたのと同じ効果を得る事ができます。
加圧トレーニングは、少ない負荷と短時間で大きな効果が得られるトレーニング法として注目を集め、プロアスリートから一般用のスポーツジムまで幅広く取り入れられつつあります。最近では、リハビリに効果が期待できる事が分かり、リハビリや介護現場にまで進出し始めています。

加圧トレーニングのデメリットと危険性

上記で加圧トレーニングがいかに優れたトレーニング法であるかをご紹介しましたが、必ずしも良い事ばかりとも言えません。やり方を一歩間違えれば、大変な事態になりえる事も理解しておく必要があります。
加圧トレーニングを行う際に、適正圧力よりも強い圧力を加えすぎてしまったり、長時間におけるトレーニングを行うと、静脈血栓やしびれ、皮下出血など体に悪影響を与えてしまう危険性があります。なので、専門の知識もなく、1人で加圧トレーニングを行うのは御法度。方法を間違えて、重篤な事態に陥ってからでは遅いです。
なので、加圧トレーニングに興味があり、実際にトレーニングを行いたい際は、必ず専門のトレーナーのいるジムなどを利用し、専門家の指導の元に行うようにしましょう。